Menu

「私じゃダメなの?」…パートナーの女性が抱く不安。

June 10, 2017 - Uncategorized

こうした障害は、パートナーにとっても深刻な問題だ。

男性が射精に至らないままコトが終わってしまうと、女性は「セックスしても気持ちよさそうじゃないのは、私に原因があるのかしら」と悩んでしまうだろう。

また、子どもを望んでいるのにセックスができないとしたら……。

ED (勃起不全)なら対策薬でほとんど解決できるが、射精障害の根はもっと深い,女性の膣の刺激に近いオナニーホール(商品名* TENGA)などもあるが、それで誤った快感を矯正できるかどうかは個人差が大きい。

奥さんよりもTENGAや良い口コミのヴィトックスαを愛してしまう人も増えている。

もしも、子どもを望むなら、人工授精という方法があることを知っておいてほしい。

マスターベーションで採取した精子を女性の子宮に入れる方法で、自然妊娠に近い対策法だ。

悪いオナニーを矯正するには、2年くらい時間がかかる。

しかも、全員がうまくいくとは限らない。

パートナーの年齢を考えて、「第1子は自然妊娠でなくてもよい」と割り切れるならば、すぐに人工授精をするべきだ。

うまく妊娠できれば、1年以上の時間的余裕が生まれるのだから。

「1人目は人工授精、2人目は自然妊娠」を合い言葉に……。